×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

鳥取市の整体院|鳥取 整体院ほっと&ホット 自然治癒力と免疫力

サイトマップ 
 整体は鳥取 整体院ほっと&ホット


 腰痛、肩コリ、坐骨神経痛、むちうち、血行不良
 など、慢性症状および体質改善専門整体
  予約制(当日予約も大歓迎!)
  今すぐ電話⇒(0857)30−5785

   ホームページを見たとお電話ください。
 
○営業:AM9:30〜PM8:00
  ○定休日:不定休
  ○駐車場あり
 
 口コミでの来院ダントツの整体院です!
 
 院長プロフィール   整体院の選び方   整体手技         整体体験談      整体料金           整体Q&A

 鳥取市 整体ご案内
整体院のご案内
整体料金
鳥取市 整体Q&A
整体院へのアクセス
予約前に(重要)
  整体施術方針 
 鳥取市 院長プロフィール
鳥取市にある
 整体院ほっと&ホット
 院長の福田義大です。

 1965年鳥取県鳥取市生まれ。

 私が責任を持って全ての施術を
 行います。

 ⇒詳しいプロフィール
 鳥取市 整体初めての方へ
整体初めての方
こんな方におすすめ!
院長あいさつ
私の使命
整体院の選び方
ほっと&ホットの思い
 鳥取市 整体手技のご紹介
開節法のご紹介
整体院ほっと&ホットでは、
開節法による施術を行って
います。


開節法とは
 お客様から
お客様の声
整体を受けられたお客様から、
「楽になった!」
「痛みが取れた!」
「来て良かった!」など、
たくさん体験談をいただき
ます。

 ⇒その一部をご紹介します
 鳥取市 整体と身体のこと
筋肉のコリ・張り
肩こり・頭痛
腰痛・坐骨神経痛
冷え性・不妊症
慢性疾患・体質改善
脚のこと
 鳥取市 自然治癒力
自然治癒力について
整体院ほっと&ホットでは、
院長が試してきて効果の高
かった健康法や、病院では教
えてくれないけれど知ってお
きたい健康にとって大切な話
など、自然治癒力と免疫力が
グングン高まる方法などを
発信していきます

 鳥取市 整体院 来院エリア
整体院ほっと&ホットには、
鳥取市以外からも中国地方を
中心に鳥取県外、鳥取市外か
らも多数の方が来院されます。
患者さんがお住まいのエリアは
鳥取県鳥取市を中心に、国府
町、気高町、鹿野町、青谷町、
佐治町、用瀬町、岩美郡岩美
町、八頭郡八頭町、智頭町、
若桜町、倉吉市、東伯郡琴浦
町、湯梨浜町、北栄町、米子
市、島根県出雲市、安来市、
岡山県岡山市、津山市、広島
県福山市などからご来院いた
だいています。中国地方以外
では、大阪府、兵庫県、神奈
川県から来院された方もいら
っしゃいます。

 鳥取市 整体院 リンク集
 
 院長がお世話になっている大切
 な方々を紹介します。

  リンク集へ

 鳥取市 整体院ニュースレター

不定期刊行となりますが、ニュースレター「日々淡々と」を掲載しております。


 ニュースレター「日々淡々と」
   

 お問い合わせ

 メールでのお問い合わせは
 

 コチラから  メール
  


 neo整体院ほっと&ホット


  

ウェブ アニメーター  
 院長ブログ




■自然治癒力と免疫力

 自然治癒力と免疫力を高めるために出来ること。

  
 整体院ほっと&ホット 自然治癒力と免疫力
  

自然治癒力と免疫力を高める話!


◆塩のこと(小学校で行った教育講演会から)


 小学校からの依頼で、私が講演を行った際、提供した資料の中から、「塩の話」を
 抜粋してみました。




◎塩分摂取の大切さについて

 熱中症等防ぐため水分摂取は必要だが、 現状は、ほとんどの子供が、水分と
 糖分だけ補給して満足している状態にとどまっている。


 
汗をかくこと=「塩分+水分が失われること」である



◎減塩の恐怖

 医者は例外なく「塩の摂り過ぎは悪い。薄味にして、塩分を控えろ」と言う。


 ところが実は、塩分の不足が体温を低下させ、病的な体質を作っている。


 その証拠に、かつて減塩食は拷問に利用されていた という話がある。
            ↓
 頑強に犯行を否認し続ける囚人に与える食事の塩を徐々に抜いていく。


 すると、段々身体が弱って、あちこちが辛くなってくる。そのうち気力も衰え、結果、
 投げやりな気分に陥り、ついには、「どうなっても構わない」と考えるようになり、
 白状に及ぶという。


 この状態は、「やる気が出ない・無気力・無関心・すぐ疲れる・かったるい」という人
 にピッタリ当てはまるのでは?


 さて「塩」は、自然治癒力の源泉である「体温」を作る上で欠かせないものである。


 体温の大半は筋肉で作られている。筋肉は細胞の中にナトリウムが流入すること
 で収縮し、細胞内のカリウムを排出することで弛緩する。
 

 こうして筋肉が動くことで、身体を動かし、体熱が発生する。この作用を
 「ナトリウム・ポンプ」という(力士が土俵に上がる前に塩を舐めるのは、
 筋力を高めるために行っていること)。

 
低体温=「塩が足りない」こと。

 体温が1℃低下すると、代謝は12%も下がると言われる。
             ↓
 糖や脂肪の燃焼率が低下し、血糖値が上昇。
              ↓
 高脂血症となり、ひいては糖尿病になり、動脈硬化が進行し、ついには神経痛や
 白内障、心筋梗塞、脳梗塞へと発展しかねない。


 体温が低下すると、免疫力も低下する。免疫力とは「リンパ球の活性度」のこと
 である。


 風邪を引いて熱が出るのは、熱によりウイルスを弱らせるとともに、リンパ球の
 働きを高めるために起こっていること。

 
 ちなみにガンは、体温が35℃の時最も急速に大きくなり、39.3℃になると死滅
 する。



 ガンが絶対できない臓器は心臓と脾臓と小腸であるが、心臓は絶え間ないポンプ
 運動で、脾臓は赤血球が集合し、小腸はぜん動運動で、いずれも体熱が発生す
 るため、ガンができない。
              ↓
 心臓の筋肉にしても、他の臓器の筋肉にしても、みんな「塩」で動いている。


 塩が足りないと、小腸のぜん動が弱くなり、便秘になる。また、骨格筋の筋力が
 低下するためコルようになり、こむら返りを起こしたり、脚が攣ったりするように
 なる。
 


◎神経の伝達にも、「塩」は欠かせない。

 神経を伝わるのは電気信号(電流)である。
 真水に電流は流れない。電流が流れるには塩が必要で、塩濃度が高いほど
 電導率が良くなり、神経の伝達がスムースに行われる。


 体液の塩濃度が足りないと神経の伝達はスムースに行えず、精神が不安定に
 なり、ひいては自律神経失調に陥ることとなる。

 塩を多く摂ると血圧が上がると言われているが、それは「塩の質」が悪いからで
 あって、良質な塩であれば、高血圧の人は下がるし、低血圧の人は上がって
 ちょうど良くなる。
 



◎夏バテも、塩不足が原因
 汗をかいて身体から塩分が失われているのに、水分と糖分だけ補給して
 いれば、体内の塩濃度は薄まり、胃腸のぜん動も弱まるため、食欲も衰
 え夏バテとなる。


 
汗を多くかく人ほど、塩を多く補給する必要がある。

 

◆睡眠の話


 多くの方が、疲労回復のために滋養強壮剤などの栄養ドリンクを飲まれると
 思います。

 
 しかし、栄養ドリンクを飲んだからといって疲れが取れるわけではありません。

 
 実際には交感神経が興奮して、一時的に「元氣になった気がする」だけで、
 疲れが取れるわけではありません。

 
 疲れを取るには眠らなければなりません。


 どんな病状でも、身体を治す一番の基本は眠ることです。


 睡眠中は、免疫の働きと治癒作用が最も盛んとなります。


 眠ることによって治癒が起こるのです。


 特に体調がすぐれない時ほど、就寝時間が遅くなってはいけません。


 夜9時から深夜2〜3時頃にかけて、身体の修復のために肝臓に血液が集まっ
 てきます。


 しかし、この時間に遅くまで起きていては、集まるべき血液が肝臓に来ないで、
 目をはじめ身体のあちこちに分散されてしまいます。


 目にも昼間などのように十分な血液が行き渡らないため、視力が落ちる原因に
 もなりかねません。


 また、この時間帯は、脳からメラトニンという抗酸化力の強いホルモンが分泌
 されるのですが、起きていてはメラトニンも分泌されず、その恩恵を受けること
 ができません。


 特にメラトニンは光に敏感に反応するため、明るい場所ではほとんど分泌され
 ないという特徴を持っています。


 以上のことから、体調不良な時ほど、メラトニンの恩恵を受けて治癒力を盛んに
 するためにも、就寝時間を早めにし、暗所で十分な睡眠を取ることが大切です。


 病院に入院中の入院患者の就寝時間が午後9時であるのも、何となくうなずける
 のではないでしょうか。

 健康な人でも、睡眠が不足すると疲労が蓄積し、強い倦怠感をともなう肩こりや
 頭痛、腰痛に見舞われます。


 身体を休めろというサインが脳から出ているのですが、仕事が忙しかったりす
 ると、滋養強壮剤などでごまかし頑張ってしまいます。


 神経は昂ぶり、元氣になった気で頑張ってしまうのですが、身体は疲れが蓄積
 されていきます。


 極度までこのような状況で疲労を溜めてしまうと、うつ病、心筋梗塞、脳梗塞など
 を引き起こしてしまうリスクが高まります。


 最終的に過労死に至るパターンといえます。


 普段から良い睡眠を取るように心がけましょう!
 


                         体質強化の秘訣へ


                          整体Q&Aへ


                       整体院の選び方へ


                       鳥取市 整体院ほっと&ホットTOPへ
  
  

〒680-8062 鳥取県鳥取市国府町稲葉丘一丁目204番地
TEL/FAX 0857-30-5785


整体に関するご相談は鳥取市の整体院ほっと&ホットにお任せ下さい!
Copyright (C)2009 整体院ほっと&ホット All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。